ブログパーツ

玄関ドアの鍵修理はサイズを間違えないようにしましょう

大切なことでもついつい忘れがちな日常生活の中では気にもとめない玄関ドアの鍵交換ですが、近頃はホームセンターなどで簡単に玄関ドア対応のドアノブを購入できるようになりました。以前はプロの業者にお願いして交換するしか選択肢はありませんでしたが、今は材料や必要な部品だけ自分たちで購入して来て、自ら鍵修理や交換をする人が多くなっています。

ネットで検索すると、丁寧なビデオや説明とともに鍵修理の仕方がのっているサイトも多くあります。自宅の玄関ドアの鍵の種類を把握したうえで、新しい鍵を購入して、自分たちで修理する、こういった人が若い世代を中心に多くいます。

もちろんそれはプロに依頼するよりも安く費用を抑えられますし、簡単に修理ができれば問題ありません。でも、日ごろ全然鍵に関して知識がない人であれば、新しい鍵を購入する際に間違って違うサイズの鍵を購入してしまう、という間違いもあります。

鍵が壊れた時は、自分の玄関ドアの鍵と同サイズの物を買わないと、交換することができません。販売店に全く同じサイズの鍵があれば問題ないですが、必ずしも在庫があるとも限りません。

また、幅広い商品がホームセンターにあるので、どの鍵を選んだらいいか分からなくなる時もあります。

プロの業者に依頼すると確かに費用を抑えることが出来ますが、間違った鍵を購入して買い直すことは手間も時間も費用もかかります。そのため、あまり鍵修理に関して自信がなければ、最初からプロの業者へ依頼するのがおすすめです。その方が的確に修理をしてくれるし、助言ももらえるし、自分のストレスも少なくすみます。

また費用も数千円から2から3万円程なので、時間と努力を考慮するとどっちがお得なのか実際は分からないものです。仮に途中まで自ら鍵交換をしかけていて、途中から分からなくなったとしても業者に依頼することができます。特に玄関ドアは家の中でも防犯上の機能が求められる為、曖昧にせずに妥協せずにしっかりと作業することが大切です。もし自分たちで鍵修理をするのなら、事前にサイズの調査はしっかりしておくことです。